ダイエット 体脂肪

ダイエットに大切なこと

体脂肪の減少をめざしダイエットを頑張っている方はとても多いと思いますが、
人間の体は体脂肪だけで構成されているわけではありません。
骨量、筋肉量などの体組織のことを考えずに過激なダイエットを続けるのは、身体にとっては悪影響です。
体脂肪率に捉われず、皮下脂肪率や骨格筋率、基礎代謝や内臓脂肪レベルなどの測定を行い、自分に合ったダイエット法を知りましょう。
体重体組成計を購入しておけば、自宅でも身体のチェックができるのでおすすめです。
肥満度を表すBMIを知ることも正しいダイエットのために重要です。
BMIは「体重÷(身長×身長)」で表すことができ、基準値は18.5以上25未満です。
体脂肪率が適正値を下回っている場合は、これ以上体脂肪を減らす必要はありません。
しかし、BMIが基準値を下回っている人の中にも体脂肪率が高い方がいますので、その場合は運動で体脂肪を減らすのは難しい為、
筋力トレーニングを行うなどして、筋肉量を増やします。
体脂肪を中心に減らす場合は、筋肉量が落ちてしまう可能性がありますので、
減らす量は週1s程度、良質なたんぱく質の摂取を心がけましょう。
運動を行う場合は、水分不足による発汗量の減少を抑えるため、
水分補給を心がけ、スムーズな体温調節を行えるように身体に気を使いましょう

体脂肪が増える原因と減らす理由

適正値を上回る体脂肪は健康や美容に悪影響ですので、余分な体脂肪は減らしていきましょう。
中性脂肪の増加が原因で、体脂肪が増えていくといわれています。
肉類や魚類の食物には中性脂肪が含まれており、それらを食べることによって体脂肪が溜まっていきます。
中性脂肪を摂取すると、まずは腸で分解され、小腸壁を通り、小腸の細胞内で中性脂肪に再合成されます。
再合成された中性脂肪は、体内に流れる血液に乗って、筋肉細胞、脂肪細胞のエネルギーの源になります。
しかし、運動不足によってエネルギー消費量が不足したり、食事の摂取量が多すぎた場合、必要以上の中性脂肪を摂取してしてしまい、
余った中性脂肪は内臓のまわりや、皮膚の下に溜まってしまいます。
内臓脂肪の増加により引き起こされる病気は、
動脈硬化、高脂血症、糖尿病、脳卒中などの「生活習慣病」、
高脂血症、高血糖、高血圧のうち2種類以上を併発してしまう「メタボリックシンドローム」など、
場合によっては命に関わる危険な病気です。
しかし、これらの病気は体脂肪を適正値まで減らすことで、発症を防ぐことができます。
皮下脂肪の増加により引き起こされる身体への影響は、運動能力が低下、そして、皮膚のたるみ膨張などです。
過剰に増えてしまっ体脂肪は、減らすのが大変困難です。
特に女性の場合は、皮下脂肪が溜まりやすいので、気を付けなければなりません。
体脂肪をため込みやすい生活の方、特に「運動をしない」「ストレスが溜まりやすい」「夜遅くに食事をする」このような方は注意が必要です。

オススメリンク

更新履歴